MENU

ワキガ対策記事一覧

この匂いは一体、そう思ったら胸をがばっと開けた男性3人がアクアティックフローラルという系統の香りをつけている、そしてワキガがするという光景です。かなりインパクトがあります。ワキガの対策であまりしない方が良いことは香水などをつけることです。植物香料、そして動物香料、化学香料とあります。官能的と呼ばれる香水はムスク、シベット等動物の臭腺からとられた香料を使います。実はワキガは、このふたつの香料と原理的...

ワキガの主な要因はアポクリン腺から出る分泌液です。アポクリン腺とは、脇、陰部、乳首周辺、耳の中、そして、鼻の中にある汗腺のことです。他にエクリン腺というところからも汗が出ますが、ワキガの匂いを増幅しても、本当の要因にはなりません。なので、通常のデオドラント剤ではあまり対策にならないという事態が起こりえるのです。アポクリン腺の匂いは消えないことが多いのです。ただ、単にアポクリン腺から分泌される液体が...

ワキガは悩ましい問題です。出来たら治したいですね。一般的にはワキガが重い場合は、切除手術が一般的に用いられます。匂いを出す、アポクリン腺などを切除してしまえば、ワキガの対策になるのです。でも、この方法では費用が掛かります。少し安く済む医学的措置は、ボトックスになることもあります。ボトックスとはボツリヌス菌の毒素を皮膚などに注射する方法です。ボツリヌス菌は嫌気性菌で、土の中や蜂蜜の中などに存在し、空...

ワキガの対策をしたいけれど、皮膚科で大丈夫か、そういう疑問はもっともです。美容外科でも、ワキガの治療はできますが、腋臭症として保険診療してもらえるのは皮膚科なのです。そもそも、医師というのは本当は総ての診療科が受けもてるのです。ただし、今は専門的になることが多いので細分化していますが。皮膚科でワキガを治療する意味は、まずは診断にあります。実はただの汗っかきやケアの間違いで体臭になってしまう方も多い...

ワキガの対策を徹底的にしたいという方は、病院を受診することになります。本格的なワキガの対策は、まず、汗をかかないように汗腺の働きをおさえる薬を飲む、これは重度の場合は保険診療です。皮膚科などで行なえる治療です。次はボトックスですね。ボツリヌス菌という非常にたちの悪い嫌気性菌の毒素を使って、汗腺を麻痺させます。これで分泌液が出るのをおさえますので、1年ほどは匂いが薄くなります。手術程はハードルが低い...

ワキガの対策として、有効性が高い方法に手術があります。アポクリン腺、そしてエクリン腺を除去することでワキガの根源を絶やすというものです。ワキガの手術のメリットは、アポクリン腺という独特の匂いを放つ部分をとることで、中々消えない匂いを解消することが出来るということです。制汗剤や他の化粧品では対策にならないような強烈な匂いは、手術をした方が精神的な負担がありません。重度の場合は、対策用の品の購入費やケ...

ワキガの手術の費用、気になりますよね。対策をしたいけれど、先立つものが無い、これでは困ります。ワキガの手術の術法は幾つもあるのです。吸引法はカニューレでアポクリン腺を吸い取る手法です。これは傷が小さくて済みます。費用も若干お安いですが、完全にアポクリン腺を取り除くことが出来るようになる人は全体の半分だそうです。ワキガは薄くはなりますが、かなり匂いがきつい人は、根本的な対策にはならないことがあるよう...

ワキガの対策で最も効果的といわれるアポクリン腺除去の手術、でも、また、匂いだすことはないのでしょうか。実はあるのです。再手術をする方は結構います。アポクリン腺除去をするといっても、ワキガの要因を全てとりきることが出来るわけではないのです。大汗腺と呼ばれる組織は、他の部位にもありますので匂いが抜けないこともあります。また、手術法によっては、アポクリン腺が残りやすいとも言われています。今はアポクリン腺...

ワキガの対策の代表格、手術、これは公的な健康保険は適用されるのでしょうか。腋臭症というぐらいですから、健康保険は適用されます。しかし、すべてのワキガが対応しているわけではありません。病気であって、なおかつ受診している病院が保険を扱っていないといけません。美容系のところは、ワキガの対策の手術ではあまり稼げないので、保険を使わないところがあります。自由診療となるのです。そもそも、病気、疾患というのはど...

一回一万円以上のワキガケア、ローズ・オットーの精油を飲む、これは絶対にしないでいただきたい方法です。フランスなどでは医療従事者がついていれば飲用できますが、日本では禁止されています。本当に試した方がおいでですが、しばらく汗腺から薔薇の匂いがして大変だったそうです。アポクリン腺の匂いは残念ながら消えません。でも、ローズは口臭予防などにも名高く、ワキガを悪化させる細菌を殺すので、ワキガ対策にはなります...

ワキガはうつるのか、これはうつることは医学的にはあり得ません。アポクリン腺が感染するわけはありませんから。中々消えない匂いなので、同じ布団等で寝ると翌朝臭いことはあるかもしれません。洗えば落ちます。基本的にワキガはうつりません。ですが、うつったかもしれないと思わせる状態はありえます。うつ病もうつるという噂がありますね。うつったら学会で発表できますよ。あれは脳内の神経伝達物質が要因ですから。でも、一...

ワキガにはメリットとデメリットがあります。それを加味して対策を練りましょう。メリットなんてあるのと言われそうですが、人によっては狂喜乱舞するものがあります。猫、犬が集まってくる。アポクリン腺の匂いは脂肪ですので、動物は寄ってきます。ワキガでなくとも、体臭が強い方は好かれますね。雨の日家に帰って愛猫がいると、突進して靴下の匂いを嗅ぎます。そして、口をあけてうっとり、フレーメン反応です。即座に足を洗い...

ワキガだから、人に嫌われる、まあ、よくある事実です。アポクリン腺の分泌液の匂いは独特で、匂いが強いのです。自分では匂っていないつもりでも、実はワキガだよね、あの人という事があります。でも、正直に申し上げますと、よほどひどいワキガでなく、対策をした場合に嫌がらせや大げさな臭がり方をする人は、気にしない方が良いかもしれません。つかぬことを伺いますが、皆様知らない人、親しくない人の匂いをかく趣味はありま...

自分がワキガでくさいのではないか、そう思うのはかなり精神的に負荷がかかります。中にはストレスで心の病気になってしまうことがあります。双極性障害、要は躁うつ病、うつ病、神経症などです。ワキガの対策に衛生を保つというものがあります。しかし、行き過ぎは禁物です。厄介な心の病気の症状に洗いすぎる、匂いが強くて自分は嫌われると思い込むものがあります。前半は強迫性障害というものが関わります。私は手洗いと髪の毛...

耳が聞こえにくいという患者の耳を見たら、耳垢だらけでつまっていた、そういう話を聞いたことがあります。耳垢にはかさかさした乾性のものとねちょねちょした湿性のものがあります。これは遺伝的なものだといわれています。日本人は湿性の人が、16パーセントほどだといわれています。この粘り気の強い耳垢の正体が、ワキガと同じアポクリン腺なのです。耳の中にも存在しているのです。そのため、湿性耳垢を持っている方は一般的...

腋臭症、ワキガは遺伝するのか、これはよく疑問を持たれることです。実は優性遺伝なのです。大体80パーセントほどの確率で遺伝するそうです。しかし、これがあるから子供を産まないということ、そして、必ず子供もワキガになると思うのは時期尚早です。少し、別の例を私事であげてみます。私は両親とそっくりな顔立ちと体質をもっています。アレルギーがあるのですね。ワキガと同じように遺伝することが多いのです。子供のころは...

レーザー脱毛や、そのほかの脱毛で、ワキガの対策は出来るのでしょうか。端的に申し上げますと、アポクリン腺やエクロン腺、自体の働きは止められません。しかし、脇に匂いがこもってしまうという事は、回避できるということで、ある程度は、対策になります。すそワキガには有効な手段ですね。女性は帯下、つまり、おりものや経血で陰部が蒸れて不衛生になってしまいやすいのです。それを回避するには、脱毛が有効だといえます。脱...

嫌煙という感覚が強くなった今、ワキガの要因にタバコをあげる医師が多いです。禁煙はワキガの対策のひとつです。タバコとはどういうものかというと一種の覚醒作用を持つ物体なのです。タバコは少し吸うと気分の落ち着き、そして、沢山吸うと脳の活性化が進みます。エクリン腺を活発に動かすといわれていてワキガの匂いを広げてしまうことがあるのです。アポクリン腺も活性化してしまい、匂いが悪化することもあります。タバコ自体...

毎回飲むたびに、介抱役になるのが宿命です。アルコール耐性が遺伝的に非常に高いのです。九州、広島と酒どころの親族が多いので焼酎も日本酒も飲んでもケロッとしています。肝機能がアルコール分解には大切です。これは体内の老廃物を出す力にも関わりますので、ワキガとアルコールは切っても切れない関係性だといえます。もともと、アルコールを分解できない人は息からアセトアルデヒドの匂いがします。そこにアポクリン腺の強烈...

ワキガの要因を知っておくことで対策をとりやすくなります。私達の肉体には汗腺というものがあります。文字通り汗を出す腺で、体温調節、そして体内イオンの調節をしたりするために存在します。皮膚の下にある皮脂腺も関わるのです。一般的に汗臭いというときは、エクリン腺という汗腺の仕業です。エクリン腺は人間にとって、ごく普通に存在する汗腺です。エクリン腺自体も水分不足や汗腺の働きが悪いということで、匂いが強い汗を...

ワキガというと脇が匂うという印象がありますが、アポクリン腺とエクリン腺は、体の他の部位にも存在しています。生殖器周辺の腺から出るのがすそワキガです。女性に多い状態ですが、これは、女性の方が性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンに影響を受けやすいことも要因となります。エストロゲンが多い時には、皮膚にいる常在菌の善玉菌が多く、他の菌が繁殖しにくくなります。月経前にエストロゲンでなくプロゲステロンが多...

実に厄介なのがすそワキガです。部位が部位なだけに人に相談するのも気がひけて、周囲も指摘しにくいのです。一般的な対策はやはりアポクリン腺除去の手術などが効果的だとされています。しかし、費用などを考えると気軽にできることではありません。すそワキガの対策は、とにかく陰部に空気がこもらないようにすることです。締め付けの強いストッキングなどは止めましょう。少し抵抗があるかもしれませんが、ガーター式のストッキ...

ワキガにはどのような石鹸が良いのでしょうか。そもそも、石鹸とはどういうものなのでしょうか。皆様、サボンという言葉、何かに似ていませんか。そう、サボテンです。サボテンにはサポニンという人体に入ると毒になる成分があります。一部のサボテンはその汁が泡立つので、石鹸かわりになるのです。だからこその名前です。石鹸の多くは、アルカリ性を帯びます。化学反応によって、タンパク質や脂質の汚れを浮かせ、分解します。そ...

ワキガを改善するための対策としての入浴は、洗い方によって大きく効果が変わります。専用の石鹸などを使う方が多いかと思いますが、洗い方によって差が出るのです。基本的には洗うときにこすらないことが前提です。こすりますと、肌に傷がつき、そこに菌が繁殖してしまいます。また、ワキガの要因のひとつは、皮脂の過剰分泌です。刺激をしますと皮脂が余計に出てしまう要因になるのです。ワキガの対策に限らず、体を洗うときには...

ワキガの基本的な対策は、汗をできるだけ抑え、その部位の清潔を保つことです。アポクリン腺が分泌した液を細菌が分解して強烈な匂いにしなければ良いのですから。そうは言っても、汗をかかない等、無理な話です。でも、ボトックスや、手術はなんだか怖いから嫌という方も多いでしょう。そこで使えるのがワキガの対策のクリームです。匂いのもとになるタンパク質や脂質、アンモニアを分解するか、菌類の働きを抑え込んで清潔にする...

この人、胃腸が悪いのかという人は実は匂いで分かります。腸内環境は匂いによく反映されます。よく動物は臭いという方がいますが、匂いが強いのは肉食動物の方だといわれています。肉類を食べる動物の方が、腸内に大腸菌が繁殖しやすいので、匂いが強くなります。草食動物であっても、年齢が行くとかなりにおいます。愛猫が子猫の時全く匂いがしなかったのですが、調べたら乳酸菌しか腸にいなかったということがありました。人間も...

脇の黒ずみがある人はワキガになりやすいのでしょうか。可能性としては全くあり得ないことではありません。しかし、脇が黒ずんでいる人がすべてワキガになるとは言えないのです。脇の黒ずみは、皮膚のメラニン色素が要因です。本来は紫外線や摩擦から肌を守るために存在するのですが、こすったり、強い刺激のものをつけると、肌を守ろうとしてメラニンが表に出てきます。ワキガの対策に失敗して肌に傷がつくと、黒ずむ可能性は十分...

自分の匂いは、自分では分からない、これがお約束です。そして、あなたワキガ臭いよと言えないのは人の性です。逆に、ワキガではないのに自分はワキガだと思って対策のつもりでデオドラント剤や香り付柔軟剤、消臭剤をたっぷり使ってしまう方もいるのが事実です。正直に申しますと、嗅覚が鋭い人間からしますと、大量の芳香剤の匂いを嗅ぐ方が辛いのです。ワキガは生理反応で致し方が無いですが、香水などは自分で調節できます。自...

ワキガは季節によって対策が変化するのか、これはイエスです。人間の肉体は紫外線量や衣服、代謝の問題で大きく反応を変えます。現代社会では室内に密封性を過度に持ちすぎているきらいがあります。夏場汗をかくという方が多いですが、今は、冬でも暖房が効いています。コートの下でワキガの匂いがたまってしまうこともあります。ワキガの対策は、体の自浄作用とも関係します。梅雨時等日光量が少ないと、体の機能が低下します。食...

ワキガがあるから恋愛に消極的になる、匂いで嫌われないかという方が多いようです。確かに、ワキガは恋愛においてはマイナス要素です。同性からの声も厳しいようですね。一応美容の仕事も経験していますが、異性から嫌がられる人というのは決まっています。不衛生に思われることです。普段から、汗をしっかり拭く、下着は持ち歩く、サプリメントを摂取する、専用の化粧品を使う等対策をしている方はそう反感を持たれません。きちん...